事前検査

コンタクト利用者は準備が必要です

二重の目

レーシックを受ける際には、事前に角膜の状態を調べる必要があります。コンタクトンズを日常的に使用している場合、レンズの影響で角膜が薄くなっている場合があるため、正確な診断が出来ないとされています。そのため、コンタクトレンズの使用者は、レーシックの検査の前に一定期間コンタクトレンズを外して生活する必要があるのです。 このような準備がどの程度必要かは、使用しているコンタクトレンズの種類によって変わってきます。一般のソフトコンタクトレンズの場合には、約3日程度です。ハードコンタクトレンズでは、より長い期間はずしておく必要があり、約2週間となります。また、近視矯正用のコンタクトレンズを使用中の場合には、3か月程度前からメガネに切り替えておくことが必要なのです。

事前検査をチェックしましょう

レーシックを受ける場合には、医療機関の診療の流れについて調べておくことが安全な治療を受けるコツとなります。眼の病気の有無はもちろんのこと、角膜の屈折率や厚みなどを詳しく調べてもらうことが必要なのです。 最近のレーシック治療では、精度を高めて極力誤差のない安全な治療を行なうことが重視されています。福岡の眼科の場合にも、精度の高い最新機器を使用して治療を行なっているのです。こういったレーシックは通常よりも費用がかさむにもかかわらず、福岡の眼科では一番人気の高いレーシックとなっています。昨今は福岡を始め各地に拠点を持つ有名眼科が登場し、全国展開で高度なレーシック治療を行なっています。この福岡の眼科の場合にも、口コミで人気の高い眼科の一分院として活躍しているのです。