考えている人に

福岡でうけるレーシック術

笑顔の女性医師

現在メガネやコンタクトを使用している方、レーシックはいかがでしょうか。 レーシックとはレーザーを用いて目の表面の屈折をかえることで視力回復が期待できる治療です。福岡でも複数の病院で治療を受けることができます。 具体的な治療方法は以下の通りです。まず事前に検査を行い、目のデータを集めます。そしてどのように目の表面を加工すれば視力が改善するかを解析します。手術の日にはそのプログラムをいれたレーザーの機械で目の表面の角膜を削ります。 点眼の麻酔を用いて、時間も10分程度と手術はとても簡単です。これでメガネやコンタクトから解放されるのです。 現在では機械も進歩し、近視・遠視の方はもちろん、乱視の方でも視力回復が期待できます。

病院の選び方

どこでも受けられるレーシックですが、再手術は難しいことから、病院選びは慎重に行いましょう。レーシックは福岡の病院ごとに使用されている機械が違います。それぞれの機械に特徴があるので、病院で相談する際にはどのような機械を使用し、その利点欠点についてもきちんと説明を受けましょう。 レーシックは保険がきかず、自費診療になります。基本的に最新で低侵襲な機械を使用する場合は高額になります。ですが、福岡の多くの病院ではローンを組むこともできますので相談しましょう。場合によってはそのままずっとメガネやコンタクトを使用するよりもレーシックの手術を受けた方が、結局安く済むこともあります。 視力が改善するのはもちろん、メガネやコンタクトのない生活は普段の煩わしさから解放されます。ぜひ福岡でレーシックの相談をしてみてください。